学術研究助成報告集 第1集

学術研究助成報告集 第1集

A4判
定価700円+税
ISBN978-4-87552-940-8

弊会では平成13年度より、地理学および関連する分野の学術的調査・研究への助成を行っており、この書籍はその成果論文をまとめた「学術研究助成報告集」です。
平成22年度の第10回および23年度の第11回の成果論文の一部を冊子にまとめています。

発行(公財)国土地理協会 TEL 03-5210-2181

FAXによる注文を受け付けています

申込書はこちらから印刷してご使用下さい。

学術研究助成報告集の刊行にあたって

公益財団法人国土地理協会は、地域社会の特性、伝統文化の表現である地理・地名・地図等について、調査研究を行うとともに、これらの情報・資料の提供を通じて、住民による地域文化の創造、振興への取組みを助長し、もって地域の振興に寄与することを目的として昭和26年4月に設立されました。

上記目的に基づき、本助成は、公益財団法人国土地理協会が平成13年度より、地理学および関連する分野の学術的調査・研究に対して実施しているもので、平成24年度の第12回までで、応募総数631件中、83件の調査・研究に助成金を交付することができました。これもひとえに関係各位のお力添えのおかげと心より感謝申し上げます。

この助成事業も13年目を迎えた今年、第10回および第11回の研究成果の一部を「学術研究助成報告集」として刊行いたしました。

助成対象となる調査・研究は、1. 地理学および関連する分野の学術的調査・研究、2. 地図・地名に関する学術的調査・研究、3. 上記1・2に関連した東日本大震災からの復興に関連する調査・研究または自然環境の維持・保全・向上を通じての農林水産業への寄与に関する調査・研究 としております。

助成の対象となる方は、大学院博士課程を修了し、もしくは同等以上の能力と研究経験を有し、大学その他の教育機関や研究機関・博物館・図書館等に在職(または在学)して調査・研 究に従事している、個人または研究グループとしております。なお、これらの機関で常勤の職に就いている方に限って、助成を申請する代表者となることができます(大学院 在学の場合は、指導教官等)。助成金額は、いずれの分野も、1件につき100万円を限度とする申請額としており、審査は専門性の高い知識を有する先生方にお願いしています。

審査基準として、すでに軌道にのり継続的に行われている研究よりも、新たな視点に立つ意欲的な研究を優先し、また、研究資金面で比較的優位な地位にある方よりも、研究ポテンシャルが高い割には研究資金に恵まれない研究者を優先しております。また、前述しましたように、東日本大震災からの復興に関連する調査・研究についても考慮して審査を行っております。

本報告集は、平成22年度の第10回および23年度の第11回の成果論文をとりまとめております。第12回以降の成果論文につきましても、継続して書籍化していく予定としております。

本助成は非常に意義深いものとして、今後とも関係各位のご叱責を賜りつつ、より充実した内容のものとして参りたいと存じます。

本書を幅広く活用していただくとともに、これにより地理学に関する一般の知識・関心がさらに高まることを期待するものです。

学術研究助成 審査委員(平成24年度)
荒井良雄 東京大学大学院総合文化研究科 教授
宮内崇裕 千葉大学大学院理学研究科 教授
友澤和夫 広島大学大学院文学研究科 教授
辻村真貴 筑波大学大学院生命環境科学研究科 教授
秋本弘章 獨協大学経済学部経営学科 教授

学術研究助成報告集 目次

温見断層−根尾谷断層境界域の山地斜面に多数見られる低崖地形の分布,成因と形成時期
ーoff-fault古地震調査対象としての可能性ー
………研究代表者 金田平太郎(千葉大学大学院理学研究科 准教授)
………共同研究者 小嶋 智(岐阜大学工学部 教授)
………共同研究者 吾妻 崇(産業技術総合研究所活断層・地震研究センター 主任研究員)
中国における自動車産業のサプライヤー・システムの形成に関する地理学的研究
………代表研究者 阿部 康久(九州大学大学院比較社会文化研究院 准教授)
………共同研究者 栄 明杰(九州大学大学院比較社会文化学府・修士課程 学士)
外邦図コレクションの多面的利用とデジタル化に関する基礎的研究
………代表研究者 豊田由貴夫(立教大学観光学部 教授)
………共同研究者 岩田 修二(立教大学観光学部 教授)
………共同研究者 上田 信(立教大学文学部 教授)
………共同研究者 弘末 雅士(立教大学文学部 教授)
東京都心部再開発エリアにおける高齢者世帯の孤立と食の砂漠:フードデザート問題
………代表研究者 岩間 信之(茨城キリスト教大学文学部文化交流学科 准教授)
………共同研究者 田中 耕市(徳島大学ソシオアンドサイエンス学部 准教授)
………共同研究者 佐々木 緑(広島修道大学)
………共同研究者 駒木 伸比古(愛知大学地域政策学部 助教)
露出年代測定法を用いた山体の自重による変形履歴の解明
………代表研究者 西井 稜子(筑波大学大学院生命環境科学研究科 農林技術センター研究員)
………共同研究者 松四 雄騎(京都大学防災研究所地盤災害研究部門 研究員)
天山山脈北部地域における氷河湖決壊洪水に対する人間社会の脆弱性に関する研究
………代表研究者 奈良間 千之(新潟大学理学部 自然環境学科 准教授)
………共同研究者 Andreas Kb(オスロ大学地球科学部 教授)
………共同研究者 Murataly Dushonaknov(キルギス国立大学自然地理学専攻)
グローバルな中古車・中古部品流通にみられる商業集積の構造とその特徴に関する 経済地理学的研究-アラブ首長国連邦を事例として-
………代表研究者 浅妻 裕(北海学園大学経済学部 教授)
………共同研究者 外川 健一(熊本大学法学部 教授)
………共同研究者 阿部 新(山口大学教育学部 准教授)
カナダ・ブリティッシュコロンビア州における火災保険図をめぐる基礎的研究
………代表研究者 河原 典史(立命館大学文学部地理学教室 教授)
ページの先頭へ